あそこの臭いの原因は?5つの匂い臭い予防方法と正しい洗い方を紹介!

色々と気を使っていても、どうしてもあそこが臭くなってしまう…。
そんな悩みを抱えている女性は、近年少なくないようです。
そもそもどうしてあそこが臭くなってしまうのか、その原因をご存知ですか?
ここでは、あそこが臭くなる原因についてをご紹介していきましょう。

 

このページの目次
  1. あそこの臭いの6つの原因とは?
  2. あそこの匂いの予防方法5選!
  3. あそこが臭い時の正しい洗い方とおすすめデリケートゾーン専用石鹸

あそこの臭いの6つの原因とは?

原因その1:すそわきが

あそこが臭い原因のひとつとして最近注目されているのがこれ、すそわきがです。この名前を聞いたのは初めて、という人はまずわきがをイメージしてください。わきがは脇の下からにおう嫌な臭いですね。これ、脇の下に存在しているアポクリン汗腺が原因となっていると言います。そしてこのアポクリン汗腺…実は、脇の下以外にも存在しているのです。そのうちのひとつが、性器付近にあるわけですね。つまり、性器付近に存在するアポクリン汗腺があそこの嫌な臭いのひとつ、すそわきがの原因となっていたのです。あそこは蒸れたりすることも多い場所である上に、おりものの臭いなどが重なってしまうため、そこにすそわきがの臭いが更に重なることによってより強烈な臭いになってしまうこともあるため、悩まされてしまう女性も少なくないといいます。

 

原因その2:おりもの

あそこの臭いの原因として特に多いのがやはり、おりものによるものです。おりものは正常な状態では少し甘酸っぱいようなにおいがすると言われています。これは、膣の中が酸性であるためです。膣は内部を酸性に保つことで、雑菌が侵入したり、増えてしまうのを防いでいるのです。しかし、執拗に洗い過ぎたり、不潔にしてしまったりするとこの膣内のバランスが崩れてしまうことになります。すると雑菌が侵入したり繁殖したりしやすくなり、結果的におりもののにおいがきつくなってしまうというわけです。

 

原因その3:性病

正常なおりものにもにおいがあるものですが、それは甘酸っぱいようなものです。もしもおりものが生臭かったり、魚が腐ったような腐乱臭がしたり、納豆の腐ったようなにおいやチーズのようなにおい…など、非常に不快な臭いである場合は性病にかかってしまっている可能性が高くなります。このような強烈な臭いに悩まされているのであれば、すぐに病院できちんとした診察を受けるべきでしょう。

 

原因その4:生理前に臭くなる?

生理前には、おりものの量が増加していきます。そのおりものが下着につくと、臭いが強く感じられます。
また、生理前はおりものが酸性になりますから、酸っぱい臭いがする事もあります。
さらに、生理前はホルモンバランスが変化します。
このホルモンバランスの変化によって皮脂の分泌を抑える働きのあるエストロゲンの分泌が減ってしまうため、皮脂量が増えてしまうんです。
この皮脂が皮脂腺を塞ぎ、それが酸化する事でデリケートゾーンの臭いが強くなる場合があります。
他に、生理前は体温が上がるために陰部に雑菌が繁殖しやすくなるのも、臭いが強くなる原因です。

 

原因その5:生理中に臭くなる?

経血は無臭ですが、雑菌のエサになってしまいます。
また、女性の陰部にはアポクリン汗腺という汗を分泌する器官がありますが、そこから出る汗には脂肪分やアンモニアなどの雑菌のエサになるものが多く含まれています。
経血によって、下着に覆われている陰部は湿気も高くなりますから、雑菌が繁殖しやすい状況になるため、生理中はデリケートゾーンの臭いが強くなるんです。

 

経血が臭い?

生理中のデリケートゾーンの臭いは経血が原因だと思っている人もおられるのではないでしょうか。
経血は血ですから、当然血なまぐさい臭いはしますが、基本的に経血は無臭です。
鉄のような臭いや酸っぱい臭いがするのは普通の事なので、気にする必要はありません。
生理中のデリケートゾーンの臭いの原因は他にあるんです。

 

原因その6:病気の可能性も

生理中の臭いがあまりにもきつい場合、免疫力の低下や子宮筋腫、子宮内膜症といった婦人科系疾患の場合もあります。
いつも以上に臭いがきつかったり、痛みがあったりする場合は婦人科を受診してみてください。

あそこの匂いの予防方法5選!

あそこの臭いの原因は?5つの匂い臭い予防方法と正しい洗い方を紹介!

 

あそこが臭い…と一度気になってしまうと、なかなかその悩みから抜け出すことができなくなってしまいます。
なかなか人には言えない悩みでもありますから、一度悩みだすと大変なものですね。
そこで、一人で悩むことのないように、日常生活で取り組める対策法をご紹介していきたいと思います。

 

体力をつけるように適度な運動をする

あそこの臭いと体力は一見関係なさそうに思えますが、実は深い関係があるものです。
例えば風邪などの病気にかかって免疫力が下がると、あそこの臭いがきつくなってしまうことがあります。
これは、免疫力が下がったことにより女性ホルモンのバランスが乱れてしまったことが原因で起こるものです。
普段から適度な運動を心がけて、免疫力を強く保てるようにしておくことも、臭い対策には大切なことなのです。

 

お風呂で洗う時は注意しよう

あそこの臭いがきついと、ついついお風呂で入念に洗いがちですが、これが反対に悪影響を及ぼしてしまうこともあります。
例えばボディソープは刺激性が強いため、使ってしまうと陰部が荒れてしまったりする人もいるでしょう。
洗うときは、なるべくデリケートゾーン専用のものが良いです。
また、膣の中まで洗うと膣の環境を崩してしまい、更に臭いが悪化してしまうことに繋がります。
洗うときは外面だけを、丁寧に洗うようにしましょう。

 

生理中はこまめにナプキンを変えよう

生理中に使うナプキンやタンポン。
仕事などでなかなかトイレに行けなかったり、取り替えるのが面倒だったりして同じものを長時間使ってしまうこともあると思います。
これも、臭いをきつくしてしまう原因のひとつです。
デリケートゾーンを清潔に保つことは性病などの予防にも繋がります。
ナプキンやタンポンはこまめに新しいものに変えて、清潔に保つ習慣をつけましょう。

 

ストレスを抱え込むのは禁物!

ストレスは女性ホルモンの乱れを起こす要因のひとつです。
そして、女性ホルモンの乱れはあそこの臭いの悪化を促す要因のひとつとなっています。
あそこの臭いがきつくなっ原因がストレスの溜め込みすぎだった、という話も最近は少なくないようです。
適度なストレス解消をするように心がけ、あまりストレスを溜め込まないようにしましょう。

 

ビデの使いすぎに気をつけよう

特に生理中などに使っている人も多いであろうビデの機能。
あそこがさっぱりするので愛用している人も少なく無いと思います。
でも、ビデで洗いすぎてしまうのは膣内の環境を乱してしまうことに繋がるので、あまり多用しすぎるのはかえってにおいの悪化を招く事になります。
使いすぎには気をつけて、適度に使用するようにしましょう。

あそこが臭い時の正しい洗い方とおすすめデリケートゾーン専用石鹸

 

あそこの臭いが気になる時に最も手っ取り早く出来る対策法といえば、洗うことですよね。
でも先ほど紹介したように、実は間違った洗い方をしていることによって余計に悪化してしまっている人も少なくないと言います。
そこで、あそこの正しい洗い方や注意点についてをご紹介したいと思います。

 

あそこの正しい洗い方

女性器の構造は非常に複雑なものです。
そのため、ちゃんと洗ったつもりでいても恥垢やおりものなどが付着ししたままになっていることも少なくありません。
あまりにも神経質になってゴシゴシと強く洗うのはおすすめしませんが、優しく丁寧に洗うようにしましょう。

 

基本的にはデリケートゾーン専用の石鹸、またはソープを使用して洗うのが最適です。
この時、顔を洗う時と同じように最初にネットなどを使って十分に泡立ててから「泡で洗う」ようなイメージで洗うと良いでしょう。
また、特にヒダの部分などは溝になっているところもあるため、汚れがたまりやすくなっています。
そうした細かい部分の汚れもしっかり落とすことが出来るように意識して、丁寧に洗うことが大切です。

おすすめのデリケートゾーン専用の石鹸
フロプリー5,800円フロプリー
サプリとソープで体の内側と外から臭いのケアが出来ます。97%もの臭いカット効果があります。
フロプリー
愛肌ソープ2,400円愛肌ソープ
臭いの予防だけでなく、黒ずみにも効果があります。ローズの香り。
愛肌ソープ

 

あそこを洗うときに注意するべきポイント

膣の中まで洗うのはNG!

おりものの臭いやあそこの臭いが気になると、膣の中まで徹底的に洗いたくなる…という人もいるかもしれません。でも、これは絶対にNGなので注意して下さい。
膣の中は酸性の状態で保たれていることをご存知でしょうか。
この状態が保たれていると、雑菌が膣の中に侵入したり、膣の中で繁殖したりするのを抑えてくれるのです。
仮に膣の中を洗ったりしてしまうと、この状態が崩されることになってしまいます。
そうすると膣の環境が乱れ、雑菌が繁殖しやすく、簡単に侵入しやすい状態になってしまうのです。

 

一般的な石鹸やボディソープを使うのはNG

デリケートゾーンはとても敏感な部分です。そのため刺激に弱く、すぐに炎症を起こしてしまったりする可能性があります。
一般的なボディソープや石鹸などは、デリケートゾーンには少し刺激が強すぎるので、これを使って洗うのはあまりおすすめできません。
出来るだけデリケートゾーン専用のものを使って、優しく洗ってあげるようにしましょう。

 

あそこを正しく洗っても臭いが消えない場合

あそこをきちんと洗っても、朝になるともう臭いが強くなる、という方は、すこし動くとすぐに汗をかいて蒸れて臭ってしまうという方は、あそこの臭い専用の消臭グッズを使用してみてください。

おすすめのデリケートゾーン専用の消臭グッズ

 

クリアネオ4,980円クリアネオ
クリームタイプで塗るだけで1分以内に臭いが消えます!殺菌効果99%以上です。永久返金保証があります。
クリアネオ
デオプラスラボ初回4,980円デオプラスラボ
クリアネオと効果はほぼ同じですが、2回目以降の料金が少し高いです。こちらは100日間返金保証がついています。

 

私はデオプラスラボとクリアネオどちらも試しましたが、肌への安全性や消臭効果、即効性や持続性なども実際にほとんど変わらないです。

 

なので、お値段で選ぶならクリアネオだと思います。
クリアネオは永久保証があって、いつでも返金が出来ますし、定期便の縛りも2回だけ。
デオプラスラボは縛りは3回なので、解約してもお高くなってしまいます。

 

クリアネオは毎月臭いケアグッズをプレゼントしてくれるのも嬉しいですよ!
詳しくは公式サイトを見てみて下さいね。

 

デオプラスラボ公式サイト

最後に

普段はにおいが気にならないという人も、生理中や生理前になるとにおいがきつくなってしまっているかもしれません。
生理前や生理中は特に、あそこのにおいの対策を積極的に行っていくようにすると良いでしょう。